【20歳の俺へ】絶対にはげたくない!ならこれやっとけ!35歳の俺から薄毛予防メッセージ!

20 歳の俺へ届け!絶対にはげたくない!なら20歳からこれをやっとけ!35歳の俺から薄毛予防メッセージ!
MENU

【20歳の俺へ】絶対にはげたくない!ならこれやっとけ!35歳の俺から薄毛予防メッセージ!

35歳から20歳の俺へ。

 

お前はもしかすると、

 

・親がはげてるから俺も剥げるかな・・・
・髪の毛細いし近い将来はげるかな・・・
・すでにおでこが広がって来てる気がする・・・

 

と思っているかもしれない。

 

気のせいじゃない!!!!
てかお前ははげる!!!

 

35歳のはげた俺が言っているんだから間違いない。

 

なぜ、はげになることを感じていたのに「薄毛ケアをしないんだ!!」
俺は猛烈に後悔している。

 

だから、今からお前に俺が学んできた育毛ケアを伝えるから必ず実行してほしい。

 

えっ?未来の俺には彼女がいるかって?

 

いるわけない。

 

はげには彼女はできない。それがお前の未来だ!
心してかかれ!!

 

 

★そもそも、なんではげるんだ?なんで薄くなっていくんだ???

 

はげる理由はいろいろ言われているが、
いろいろな文献、特に信頼できそうなものをまとめると、
この3つしかない。

 

@男性ホルモン A頭皮環境 Bストレス

 

この3つが原因で、お前の頭をハゲ散らかしにくるから注意してくれ。

 

えっ?もっと詳しく教えてほしいだと??

 

焦るな。これから説明しするところだ。

 

じゃあまずは
@男性ホルモンについて説明しよう。

 

超簡単に説明すると、「男性ホルモンが多いとはげる!」
ってことだ。

 

逆に言えば「男性ホルモンが少ない」とはげないということだ。

 

ある実験では、

 

・男性から女性に性転換した人 → 脱毛がストップ
・逆に「男性ホルモン」を与える → 脱毛が始まった

 

要するに男性ホルモンが「はげる」と大きく関係していってことだ。

 

ちなみに、男性ホルモンが原因ではげる人のことを
男性型脱毛症(AGA)と言ってる。

 

これは、遺伝的が大きいと言われていて、
重要なのが、

 

母親のじいちゃんだ!

 

ちなみにお前の場合は、
母親のじいちゃんはツルツルだから、
AGAである可能性が極めて高い!

 

 

でもあきらめるな。

 

 

AGAだからといって100%はげるわけじゃない。
周りにも、母親のじいちゃんがツルツルでも剥げてないやつはたくさんいる。

 

ただお前は別だ!!

 

お前は育毛ケアを散々怠ってきたから、
将来はげる!!

 

 

これを見てしっかりはげないように勉強してくれ。。。
ほんとに頼む(うっうっう・・・ぐすん・・)

 

取り乱してしまったようだが、、、
次にいこう。

 

 

次に大切なのが、
A頭皮環境だ!!

 

頭皮環境が重要と言っているが、
お前の場合は特に重要だ!

 

AGAの可能性があるお前にできることといえば、
頭皮環境を良くして、髪の毛が「すくすく」と育つように
アシストしてあげることがぐらいだ。。

 

 

ここはめちゃくちゃ重要なんだが、
実は、髪の毛は抜けることが悪いわけじゃない。

 

細くなるのが問題なんだ!!!

 

もう一度いう。

 

細くなるのが問題んだ!!

 

 

髪の毛なんて何本抜けても問題ない!
毛根はなくならないので、
必ず毛根から生えてくる。

 

ポイントは、
髪の毛が細くなって生えてくるのが大問題なんだ。

 

はげになる原因は、

 

どんどん、
どんどん、
生えてくるが、

 

どんどん、
どんどん、
細くなって生えてくる。

 

そしていつか、
うぶ毛みたいに細いものしか生えなくなって、、、

 

ツルピカになる!!!

 

 

しかし!!!

 

頭皮の状態をよくすれば、
髪の毛にしっかりと栄養を運んでくれる。

 

すると、細くならない!!

 

細くならない限り、
減ることはない!!

 

 

昔の俺は、
髪の毛が抜け押していずれハゲになると思っていただろう??

 

違う!

 

だんだん細くなって最後に抜けるんだ。
これを間違えると、
育毛ケアを間違えることになる。

 

まとめると、
頭皮環境を良くして、
太く強い毛を生えるようにすることが大切なんだ。

 

 

最後の原因となる
Bストレスについて説明しよう。

 

はげとストレスは切っても切れない。

 

強いストレスを感じると、
500円玉ぐらいのハゲが突如現れたりすることがある。
(ちなみにお前も34歳でそれを経験するだろう・・)

 

髪の毛とストレスには強い関係性がある。

 

ただ、世間では漠然とストレス、ストレスと言ってるが
具体的にどう影響するのか説明しないので、
前にはストレスとはげの関係を詳しく説明しておこう。

 

超簡単に言うと、

 

ストレスを受けると頭皮の血行が悪くなるからはげる!

 

ってことだ。
血管が細くなるので血が届かない。
血が届かないってことは、
髪の毛に栄養が届かないってことだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
なんで???
って思ってるお前に特別に細かく説明すると、
人間には、交感神経と副交感神経というものがある。

 

交感神経:戦うモード
副交感神経:リラックスモード

 

という感じだ。

 

戦うモードの時は、血管が細くなる。
血管を補足することで、筋肉に素早く血液を送るためだ。
ホースを細くしたら勢いよく水がでるだろう??
それと同じだ。

 

それと、交感神経が高まっていると、必要なところにしか血液が行かない。
特に人間に重要な心臓、脳、臓器などに回される。

 

そのため、髪の毛なんて後回しになる。

 

わかるな??

 

だから、ストレスを受けすぎると、
常に髪の毛に栄養が届かないので、
そら、はげるでしょう。

 

ストレスは絶対ダメ!

 

 

ん????原因はもういいから早く対策を教えろって???

 

今から教えようとしていたんだ。

 

焦るな。

 

お前は焦るから将来はげるんだ。

 

俺から言わせてもらえば、
なぜこのことを早く教えてくれなかった。

 

と言いたい。

 

もっと早くから知っていたら、
こんなに苦労することはなかった。

 

 

俺が10年かけて学んだ育毛対策を
今からお前に伝授する!!

 

耳の穴かっぽじってよく聞け!!

 

20歳の時に教えてほしかった正しい育毛対策5カ条!!

 

 

1カ条 CMで宣伝しているシャンプーは使うな!!!
どうせお前は、おかんが買ってきたしょうもないシャンプーを使っていることだろう。

 

10秒以内に捨てろ!!!

 

捨てに行くまで待っている。

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捨てたか???
何??おかんに怒られるだと??

 

今おかんに怒られるのと、
将来はげるのとどっちがいいんだ??

 

はげてはげ散らかして、
頭に生卵投げつけられる気持ちを考えてみろ!!

 

 

・・・・わかったなら、
すぐに捨てるんだ。

 

 

理由??理由を教えてくれって?

 

わかった。

 

ただ、
商品名などを出すと俺は闇に消されることになる。
ビビってるわけじゃないが詳しくは言えない。

 

 

言えることは
市販のシャンプーは洗浄力がきつすぎる。

 

これが理由だ。

 

てか、お前は今は頭皮にフケ出ているはずだ。
白いやつが出てるだろう??

 

騙されたと思って、洗浄力の弱いシャンプー使ってみろ。
全くフケでなくなるわ。

 

要するに洗浄力が強すぎて、
頭皮の皮をボロボロになっていんだ。

 

その頭皮が、ポロポロと
落ちてくるそれがフケだ。

 

 

てか、何千万もかけてCMしているのに、
なぜか数百円で売っているシャンプー。

 

どう考えてもおかしいだろ??
これがシャンプー業界の闇だ。

 

使うなら、アミノ酸の弱酸性のやつがいい。

 

お前にこっそりとお勧めするならこれだ>>

 

 

★2カ条 朝飯をしっかり食べろ!!

 

どうせお前のことだ、朝はおなかが減らないとか言って、
缶コーヒーとか飲んでごまかしているだろう。

 

マジでやめろ!!
てか未来の俺ために即刻辞めろ!!
ばかやろう!(涙)

 

朝にしっかりとごはんを食べないと、髪の毛にまで栄養が届かない。
胃の中に入ってしっかり吸収されるまでにどうしても時間がかかる。

 

だから朝飯はかなり重要だ!

 

そして食べるものも特に気を付けてほしい。

 

まず、旅館の朝食がベストだ。

 

納豆、、豆腐、味噌汁、魚、ノリ、ごはん、たまご

 

これだ!!!

 

なに?そんなもの作ってられない??
そんなものおかんに頼んで作ってもらえ!!

 

 

・・・と言いたいところだが、

 

無理なことを言っても続かないと意味がない。

 

なので、
納豆ご飯でいい。

 

てか納豆嫌いだったな・・・

 

じゃあ豆腐、冷ややっこでいいから、
毎日食べてくれ。

 

大豆製品を意識して取ってくれるだけでいい。

 

朝食についてまとめると、

 

・朝食は食べろ!髪に栄養が届かない!
・できれば納豆!無理なら冷ややっこ!無理なら大豆製品を食べてくれ!

 

★3カ条 シャワーヘッドを変えろ!!

 

まだお前は都内に住んでいるはずだ。都内に限らずだが、
水道水がお前の頭皮を痛めている。

 

だんだん汚くなっているのか知らないが、
とにかく、水道水の塩素がダメだ。

 

塩素によって髪の毛のキューティクルが痛めつけられることが
薄毛の原因につながる可能性がある。

 

特にシャワーヘッドから出てくる方が塩素の濃度が2~3倍以上高くなるといわれている。

 

どんなけ育毛ケアしても、
水がダメならダメだ!

 

しかし、今は塩素を中和したりするシャワーヘッドが出ている。
すぐに取り換えてほしい。

 

ちなみに未来のお前が使っているのはこれだ>>

 

 

★4カ条 頭皮のマッサージをやってくれ!
おそらくお前は「頭皮のマッサージ??めんどくせー」って思っているだろう。
だが、これはめちゃくちゃ大事だ!

 

何度も言っているが、
薄毛の原因は「頭皮環境」だ!

 

頭皮の血行が良くなって、
髪の毛に栄養が届くようになれば
自然と髪の毛は生えてくる。

 

てか、忘れているかもしれないが、
お前はAGAなんだぞ!

 

だから、
みんなよりもかなり不利な条件で戦っていることになる。
遺伝の分マイナスからスタートなんだ。それを肝に銘じてほしい。

 

だからめんどくさいとかはなしだ!
人よりも努力しないと、
俺みたいにはげるぞ!!

 

ただ安心しろ、
頭皮マッサージと言っても、
シャンプーするときにやるだけだ。

 

しかもやってみるとかなり気持ちいいからすぐに習慣にできる。
特にお前はスマフォとか見まくってるだろ???

 

目とか脳を使うやつは、
頭皮の血行が悪くなる。

 

おれはこのTVで紹介されているマッサージを続けているが、
かなり頭皮の血行が良くなっている。

 

20歳からやっていたら、
フサフサっだろうとめっちゃ後悔している。

 

だから本当にやってくれ。

 

マジで効果がある頭皮マッサージ

 

 

★5カ条 育毛剤をケチるな!!!

 

「いやいやまだ俺20歳だぜ???育毛剤は早すぎるでしょ??」

 

早くない。てか遅いぐらいだ!!!

 

何度もい言うがお前は遺伝の分人よりもハンデをしょっているんだ。
育毛対策というのは早くからやったほうが圧倒的に有利なんだ。

 

髪の毛は生え変わるときにだんだん細くなる。
って話をしたと思う。

 

細くなるスピードを臆させることができれば、
はげないってことなんだ。

 

若いうちから、
細くならないようにしっかりと栄養を届けてあげれば、
はげる時期をもっと伸ばせる可能性があるってことだ。

 

 

お前の場合は、
育毛ケアを全くしなかったから、
35歳ではげ散らかしている。

 

でも、20歳からやっていたら、
おじちゃんぐらいまで持っていたかもしれない。

 

一度はげると回復させるのに、
数百万はかかる。

 

AGA治療もなんやかんやで100万はかかるぞ。
それを何年も続けないといけない。

 

マジで髪の毛のために働くようになるぞ!!
おれはおかげで育毛貧乏だ。

 

それと育毛剤は絶対にケチったらダメだ。
いろいろ育毛剤使ってきたが、
安いやつはまじで効果ない。

 

効果がないぐらいならいいが、
頭皮が荒れたことがある。

 

頭皮が荒れれば、
血行が悪くなり、
はげが加速する。

 

育毛剤を使って、まさかのはげるということになるんだ。
だから最低でも1万ぐらいするものを使ってくれ。

 

ちなみに俺がつかっている育毛剤はこれだ>>

 

★20歳の俺へのまとめだ

 

★はげる原因

 

・男性ホルモンと頭皮環境とストレスが主な原因。
・特に男性ホルモンは遺伝が強い。だからお前ができることは、頭皮環境の改善とストレスになる。
・遺伝があっても全員が剥げているわけじゃないから、育毛ケアがとても重要。

 

★20歳からやり始める育毛ケア5カ条

 

1 シャンプーはアミノ酸の洗浄力が弱いやつ使うべし
2 朝ごはんは旅館の朝食がベスト(無理なら納豆ご飯)
3 シャワーヘッドは塩素を中和してくれるものに変える
4 頭皮のマッサージをやる
5 育毛剤をケチらず買う

 

長々と伝えてきたが、マジで20歳からしっかりと育毛ケアをしてくれ。
そうすれば、お前の人生は必ず変わる。

 

髪の毛があれば、

 

きっときれいな彼女もできるだろう。
見た目もパリッとしてだろうし、仕事もバリバリこなして出世して
そしてかわいい奥さんと子供との幸せな家庭生活。

 

あーうらやましい!
じゃあ未来の俺から伝えられることは伝えたし、
マジでがんばってくれよな!

 

未来の35歳のお前より。(終わり)


更新履歴
このページの先頭へ